忍者ブログ
高知県の端っこで野望を燃やすロック・バンド 「Reverse Drive」のブログ。                                   ・ライブ情報     
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


久々のライブ告知です~。
初ライブ以来、3ヶ月ぶりに地元、宿毛でのライブイベントに出演します!ここ最近はアウェイな空気感の中での演奏だったので、なんかほっとしますな。

ライブイベント「UPPER―CUTS」

11/19(日)
OPEN 18:30 START 19:00
チケット 1000円(1ドリンク付き)
場所 CLUB Bojo 宿毛市中央6-3-3 1F

出演バンド

SATIVA
妄想銀行
REVERSE DRIVE
and ?

リバドラは新曲2曲をひっさげて登場!
お楽しみに!


PR

夏のライブが終わって以来ここの更新も無いので、何もしてないぜ感が漂ってますが、実は地道に活動しております。私、ヤスが更新をさぼっているだけなのです。
夏の間はライブに向けての練習でいっぱいいっぱいだったので、ここ1ヶ月は新曲作りのいい時間になってたり。
以前からちょこちょこ話に出てきている、ベースメン・ユウキ作のデモ音源から発展したナンバーもだいぶ形になってきております。
曲名は「Hallucination」で、これまでのRDの曲とは雰囲気の違う曲で、例を挙げるとドラム的にはかなりダンス・ミュージックに接近しております。そんでもってキレ味は抜群ってな曲ですね。
んでもってボーカル&ギター・ブッチ作の新曲「Oneself hunting」は彼の作る曲の持ち味であるエモーショナルなメロディーが炸裂した、激ロックなナンバー。俺も暴れさして下さい。
そして、次のライブからは俺もコーラスやろうかな、なんて。
まあ、次のライブでは、ちっとは成長した姿を見せることが出来るはず!お楽しみに!

 いよいよ当日。ラララ音楽祭。強行を宣言した実行委員会。その意気や良し。
「大丈夫なのか?台風?」を合言葉にブッチのバンで出発。BGM オアシス「リブ・フォーエバー」
しかし高知市に着いてみると、意外なくらい安定した天気。
まずは帯屋町公園にて「velour stripe」観る。
さすが高知市でガンガンやってるバンド。ステージングの自信が違う。
ダンスビートを取り入れててかっこいい。こういうの好きだな。
しかしまたどしゃ降り。バンドの音を聞こえなくするくらいの。やべえなあ。RDの出番はあと3時間後なのだ。

 いざ自分達の会場「みどりの広場」へ。まじで鏡川のほとりである。川が増水したら流される運命である。
突然どしゃ降り&強風。10分後にはやんだり、依然不安定な天気。当たり前だ。かなり強い勢力の台風が近づいて来ているのだ。
いよいよ出番が近づいて来た頃、MS-875のドラマー、Goriさんが駆けつけてくれた。
このアウェイな雰囲気の中、とても心強い。
RDの前のバンド「Brenda」は2人組バンドで、おそろいのユニフォームだし、打ち込みも使うみたいだし、超の付く個性的なバンド。
そして予想通り、アバンギャルドでノイジーなロック。すげーかっこいいんですけど。
って感心してる場合か、次は自分達の出番である。
今は客集まってるけど、このバンド終わったら居なくなるだろうし、個性的な音だし、この後はやりにくいだろうな。やべえな。
さて・・・そろそろ準備せんといかんな。う~んなんでよりによってこのバンドの後なんだ。

 その時Goriさんのアドバイス。「ドラム壊す気で叩け」
その一言でなんかふっきれた。すっと楽になった感じがした。よし、やってやろう、てな気持ちになった。
魔法のような一言ってのはあるんだ。
15分程押しての、いよいよ出番が来た。
初めから嫌な予感がしていたが、けっこうやばいよね、このドラムセット。地面に板を敷いててぐらぐらしてて全体的に安定感ない上にタムがグラグラ。本当に壊れるんじゃなかろか。
ベースアンプも調子が悪いらしく、ユウキも渋い顔。
まあ、こういう逆境は燃えるんだけどね。やってやろうじゃないの、ってなる。
予想通り客も少なくなって、反応も薄いけど、俺らのロックを精一杯やるだけだ。
けっこう熱のこもった演奏が出来たんじゃないだろうか、と思う。
ブッチのボーカル&ギターもいつにもましてエモーショナルだったし、ユウキもアンプの音がイマイチな中、アグレッシブなベースプレイでバンドを引っ張った。
このあまり良くない条件の中で、今できることは出し切ったんじゃないかと思う。

 その後は、台風も気になったが、ラストの3バンドが凄いという話を聴いたのでそのまま「みどりの広場」で観戦。
「dacota apartment」「不良外人」「DISCAPHORICS」と、どれも素晴らしいバンドだった・・・。
鏡川に飛び込む(!)というパフォーマンスまで飛び出し、熱狂のステージ。感動しました。凄えよ、高知市のバンドは!
その感動から、いてもたってもいられなくなって、また帯屋町のCDショップまで戻って3バンドのCDを探すリバドラの3人。
そして台風の強烈な風にあおられながら、「やべえよ~」などと言いながら帰途に着く。
その車中でも、俺らもやるしかねえぜっ!!と燃えるリバース・ドライヴなのでした。

2006 9/17(日)

高知街ラ・ラ・ラ音楽祭
みどりの広場

SET LIST

1.CLONE
2.Mr.Dangerous Man
3.SEASON
4.Cry
5.A WORTHLESS LIFE

いつも同じだな・・・。早く新曲を完成させよう。

By スタートから10秒、ハイハットが倒れてびっくり!のやすでした。


本日はあと2週間にせまっている、ラ・ラ・ラ音楽祭に向けて、スタジオへ。
ちなみに俺は、夜勤明けで3時間の仮眠しか取ってなくて、変なテンションだぜ。なヤスです。
今日の課題は、曲にメリハリを付ける事。
自分らで編曲しときながらだけど、確かに言われてみると、メリハリが足らんのだ・・・。
とりあえず、ウォームアップな感じでいつもの5曲続けてやる。
まあまあって感じか。
そして、ユウキ作デモ曲をセッション。これがまた実際やってみると、ポストパンク!個人的に大好きなんです、この手の音。
ラプチャー(ニューヨークのナイスな、ファンキーで、パンクで、踊れるバンド)みたいじゃん!と一人で興奮。
でも今冷静に考えると、あのギャリギャリした尖ったギターサウンドは、むしろギャング・オブ・フォー(イギリスのやはりナイスな、ファンキーで、パンクで、踊れるバンド)か?と思う。
マニアックな話ですいません。
で、まあ、この曲のキモがギターの「ジャッ、ジャッ、ジャッ」ていうフレーズに、ベースとドラムも合わせていくのですが、このキメがたまらなく良い。パシッと決まった時の気持ち良さ。
早く完成させて、ライブでかましたい!
そんで課題のメリハリを。ブッチ発案で、「CLONE」に短いキメを連発して入れようじゃあないか、という事に。
とにかくやってみんべや、と練習。
・・・う~ん!いいんじゃないの!?かっけーし。
さて、次は「デンジャラスマン」。これは私の1週間考えて、それか?ぐらいなアイデアを盛り込みました。
う~む、まあ、こんな感じだろ~。
そんなこんなで、リバドラは少しづつ成長しております。
いろいろな音楽、様々な経験を糧にして。


ついに高知街ラ・ラ・ラ音楽祭2006のスケジュールが発表された!
・・・うん?
みどりの広場会場ってどこや?
「今年もやります、鏡川のほとりでのロック大会」ってあきらかに他の会場からハブられてるよ!
これがうるさいロック・ミュージックの定めなのか・・・。
というわけで我が、リバース・ドライヴは中盤から後半にかけての、14:30に登場予定。
場所等、詳細はラ・ラ・ラ音楽祭のホームページ(http://www.kc-lalala.com/)で見れます。※リンクにも入れてます。
ここ2度のライブで成長したリバドラを見せてやるぜ!(とりあえず強気の方向で)


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(05/08)
(01/21)
(11/27)
(11/27)
(11/27)
プロフィール
HN:
Reverse Drive
性別:
非公開
自己紹介:
2005年10月に高知県にて結成された3ピース・ロックバンド。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]